省力化投資補助金の公募準備状況、及び1回目公募スケジュールの最新予想!

省力化投資補助金

本日は、本年の目玉補助金(3年総額5000億円の予算)である省力化投資補助金の公募準備状況、1回目公募の最新スケジュールについて、以下おさらいしたいと思います。

1)省力化投資補助金の1回目公募スケジュールについて

5月9日の第27回新しい資本主義実現会議での提出資料(shiryou1.pdf (cas.go.jp))に以下の記載があります。

「6月下旬に申請受付開始を予定」とありますので、1回目公募スケジュールは以下のとおりとなるかと予想します。

  • 申請受付開始(電子申請が可能となる):6月下旬
  • 申請の締切:7月下旬
  • 採択結果公表(=交付決定):8月下旬

2)現在の公募準状況について

現在、補助金事務局は、6月下旬の公募申請受付開始を目指して以下の作業に注力していると思われます。

①補助対象商品カテゴリの追加作業(現在は9カテゴリのみ)、及び新たな商品登録作業

②販売事業者の申請受付、及び登録作業

③事務局HPの機能拡充(対象商品の検索機能(業種別、業務プロセス別、地域別など)、申請サイトの構築など)

一番気になるのは、①の補助対象商品カテゴリの追加・拡充になります。現在の商品カタログ(product_catalog.pdf (smrj.go.jp)に掲載されている商品カテゴリは9つだけですが、補助金事務局は「約300の商品カテゴリ」を想定しているようです。(事務局公募要領に記載)つまり、まだ想定の3%の商品カテゴリしか判明していません。6月下旬の申請受付開始までには多くの商品カテゴリが追加されるかと考えますが、登録作業が遅れているのではないかと少し不安にもなります。

今後も商品カタログは随時更新されるかと思いますが、当補助金に関心のある事業者は事務局HP(中小企業省力化投資補助金 (smrj.go.jp)にある最新の商品カタログをフォローしていただければと思います。

以上、6月下旬までに商品カタログがある程度充実した時点で、また配信する予定です。

【参考情報】現在の商品カタログに掲載されている9商品カタログ

矢埜 幸男

矢埜 幸男

これまで幅広い分野で多くの和歌山県内事業者を支援してきました。特に、各種補助金の申請サポート、プレスリリース作成サポートにおいては、事業者のお役に立てると自信を持っております!

特集記事

矢埜 幸男

矢埜 幸男

成果を出して事業者と一緒に喜びたい! 管理部門から営業・マーケティングと幅広い実務経験・スキルあり! これを活かし経営全体のサポートを致します。 特にマーケティング、業務改革に強いです!

最近の記事
  1. 【YMOニュース#1-令和②】経産省が新たに「中小M&Aガイドライン」を策定しました!

  2. 【YMOニュース#5-令和②】当財団の雇用創造プロジェクト関連の補助金案内

  3. 【YMOニュース#4-令和②】中小企業向け補助金・総合支援サイト「ミラサポplus」の開設について

ランキング

  1. 1

    初めて!経産省が下請事業者との価格交渉・転嫁に後ろ向きな大企業を「実名」で公表!【下請け事業者必見】

  2. 2

    話題のChat GPTで市場調査してみた!事業計画書作成で役立つか検証してみた!

  3. 3

    10月からの2023年度最低賃金はどうなる?大幅な引上げを予想!

TOP